家

購入希望者が見つからなければ任意売却は成立しない

住宅ローンの返済に問題が生じたときに住宅を任意で売却し、債務の返済にあてるのが任意売却の仕組みです。強制的な差し押さえからの競売に比べると任意売却は高値で売れるので、より多くの借金が返せるというメリットがあります。
ローン利用者にとってはメリットの大きい任意売却ですが、必ずしもうまくいく保証はありません。様々な理由により、任意売却がうまくいかないこともあります。
任意売却がうまくいかない理由で最も多いのが、購入希望者が見つからないケースです。任意売却は取引自体は通常の不動産取引と同じです。購入希望者を探し、価格交渉を行い合意すれば物件は売却成立となります。当然ながら購入希望者が見つからなければ任意売却は成立しないので、ローンを返済することもできず、強制的に差し押さえられ競売にかけられることになります。安く買い叩かれることが多い競売ですが、任意売却がうまくいかなければ受け入れざるを得ません。
不動産の購入希望者を探すのは簡単なことではなく、専門家の協力が必要です。任意売却専門の不動産会社へ相談し、相場よりも安い価格を設定するなどある程度妥協しないと、期限までに任意売却が成立するのは困難です。不動産会社とじっくり相談し、できるだけ早く購入希望者が見つかるように努力してください。

任意売却をして人生を一から出直そう

憧れのマイホームを購入して、その後幸せに暮らせなくなるケースはたくさんあります。数十年におよぶ住宅ローンが大きくのしかかってくることは、普通のことだと言ってもよいでしょう。リストラや病気などで会社を辞めざるをえなくなり、住宅ローンが払えなくなることや、夫婦共働きで住宅ローンをなんとか払ってたのに、離婚してしまい住宅ローンが払えなくなることもあり得ます。住宅ローンの返済ができなくなった…

詳細

不動産会社は任意売却の頼れるパートナー

住宅ローンの解決策として任意売却を選択する場合、まず最初にやるべきなのは任意売却専門の不動産会社へ相談することです。任意売却は自分一人の判断だけではうまくいきません。まずは債権者との話し合いが必要ですし、売却手続きも通常の不動産売却と異なります。勝手に手続きを進めようとするとトラブルになる恐れがあります。根回しを怠ったがために任意売却が頓挫してしまい、差し押さえられた不動産物件が競売…

詳細

購入希望者が見つからなければ任意売却は成立しない

住宅ローンの返済に問題が生じたときに住宅を任意で売却し、債務の返済にあてるのが任意売却の仕組みです。強制的な差し押さえからの競売に比べると任意売却は高値で売れるので、より多くの借金が返せるというメリットがあります。ローン利用者にとってはメリットの大きい任意売却ですが、必ずしもうまくいく保証はありません。様々な理由により、任意売却がうまくいかないこともあります。任意売却がうまく…

詳細

任意売却ならば有利な条件で自宅を手放せる

住宅ローンを利用して融資を受けるにあたっては、担保として土地や建物に対して抵当権が設定されることになります。あらかじめ土地や建物に抵当権を設定しておくことで、融資を行う側である金融機関は貸し倒れを心配することなく、融資ができるようになるからです。そのため、住宅ローンの利用者がその返済を続けていくのが困難な状況となった場合には、融資を行った金融機関側は抵当権の設定されている土地や、建物を売却し…

詳細

TOP